11月11〜13日は多賀町「神あかり」多賀大社スペシャルデー・ライトアップ

2016.11.09

彦根多賀地域連携組織委員会では、来る11月11日(金)~13日(日)の3日間、多賀大社にて『スペシャルデー・ライトアップ』を実施いたします。
本スペシャルライトアップは、音楽と光を組み合わせた約4分間の光の演出です。

スペシャルデー・ライトアップ概要

日時
2016年11月11日(金)~13日(日)日没~21:00
場所
多賀大社境内

 

「国生みの物語」(11/11~13)

神代から続く多賀大社の歴史に思いをはせ、音と光のスペシャル演出を行います。
祈りの石ころや神木の木立が和楽器の旋律とともに輝きます。
天空へと延びる光の柱は、神のへの畏怖や敬意を表します。

  • 世界初のレーザーダイオードフォスファーを搭載したサーチライト5基
  • 石ころあかり10000個(マルチカラーLED)
  • LEDスーパーナロースポットライト他、ライトアップ機器63基
  • 和楽器の音楽と同調した光の演出プログラム。曲名「イザナギイザナミ」4分間
  • 照明デザイン:LEM空間工房 長町志穂

「祈りの石ころあかり」(10/21~11/13)

多賀町住民によって手づくりされた1万個の石ころ。人々の多賀町への想いが、様々な色彩を帯びて輝きます。

  • マルチカラーLED 10000球

 

なお、「境内ライトアップ」は11月30日まで続きます。
大鳥居や太閤橋など点在する多賀大社の魅力を、静かな光で照らします。静かな多賀の夜を感じてください。

その他の各神社でもスペシャルデー企画がございます。詳細はA3フライヤーをご覧ください。
insert_drive_file 神あかり会場マップ(PDF)

 

大瀧神社「水の森・ブルーライトアップ」

森と渓流にいだかれた大瀧神社は多賀町のパワースポット。
水をイメージしたブルーの光がゆっくりと変化し参道が輝きます。
猿や鹿ものぞきにくるかもしれません。

胡宮神社「神の庭・紅葉ライトアップ」

境内の豊かな紅葉は多賀町の秋の風物詩。
今年は本殿のライトアップも行い歴史ある社殿の陰影も楽しんでいただけます。
輝く紅葉の石段を一段ずつ上がれば、心が清らかになるようです。

高源寺「山の庵・庭園ライトアップ」

普段はあまり見ることができない美しい庭園と紅葉をライトアップ。
石田三成の佐和山城から移築された山門や鐘楼、井伊直弼を祖とする一会流の茶筅塚も輝きます。

国宝・彦根城築城410年祭

主催: 光とアートで発信するブランディング事業 彦根・多賀地域連携組織委員会