10月20日より多賀大社で「レーザーダイオードフォスファーサーチライト」と「石ころあかり」がスタート

2016.10.20

10月20日(木)より多賀大社の神あかり会場では、世界初「レーザーダイオードフォスファーサーチライト」と1万個の「石ころあかり」の点灯がスタートします。
「石ころあかり」は、多賀の人々の手作りによるものです。

先日行われた試験点灯の様子をムービーでご覧ください。

さらに、11月11日(金)・12日(土)・13日(日)の3日間は、「スペシャルデー」。「レーザーLEDサーチライト」がプラス2本、音楽と物語が加わります。 ぜひ、多賀会場「神あかり」へお越しください。

国宝・彦根城築城410年祭

主催: 光とアートで発信するブランディング事業 彦根・多賀地域連携組織委員会